忍者ブログ
あるオタクの日常、非日常
12≪ 2018.01|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
カウンター
プロフィール
HN:
タカヤマキ
性別:
男性
自己紹介:
戦場の絆やっとります。
ジオン
 秋葉原Hey機械科 第02MS小隊
  takanao少佐
連邦
 秋葉原Hey機械科 第05MS小隊
  タカヤマキ二等兵
 秋葉原Hey機械科 第07MS小隊
  ナルセミア二等兵
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、5週間ぶりくらいにこんにちわ。
タカヤマキです。

今回は、オタクが本を読むシリーズと題して(果たしてシリーズと言えるほど続くのかは全くもって不明ですが)ラノベ、マンガ等ではなくそれ以外の書籍、主にいわゆる新書の類を読んで思ったことを書き連ねてみようかと。
みようかとっていうかぶっちゃけ久しぶりにネタが見つかったと言った方が正しいのですガガガggg・・・
ほとんどmixiで書いてしまうんですよねぇ、主に携帯からの書きやすさの問題でw
まあ、mixiで書いたらこっちにも同じものを乗せるようにします。
コピペをする事より何も書かれないほうがブログとしては致命的ですからね。

で、話を戻して。
この本は"東大「オタク文化論ゼミ」公認テキスト"とあるように東大のゼミで使われているようで。(っていうかそんなゼミあるのか東大・・・)

中身は章立てを超えてだいたい4つに分けられ、
・オタクとはどんな特徴を持った人々なのか
・世界レベルに広がるオタク文化パクリ文化(海一つ超えたお隣の国ではない)
・オタクが作品を見るときに使う三つの"目"
・オタク文化論
というのが内容的な段落ですね。
どれも大学のゼミで使われるとは思えないほど(ただの固定観念かもしれないけど)軽い文体でかかれていて、ラノベ並みに読みやすい。
内容的な興味深さと相まって355ページある本文を3時間かそこらで読んでしまったり。(実はあとがきまで読んでたりするのですが)
感想を一言で言うと「面白かった」。
テレビのワイドショーで「衝撃!!○○の恐怖!」だとか大量生産された"自称芸能人"が訳の分からん内輪ネタをごちゃごちゃやってるだけの他と比べてもどこがバラエティーに富んでいるのかわからない"自称バラエティー"とかあんな感じの低俗でくだらねー面白さではなく。
高尚なと言うつもりはけど、もっと新鮮な面白さ。
具体的に言えば、「俺はこういう見方をしていたのか!確かに、思い当たる節はあるなぁ」というような自分再発見の面白さ。

この本はうる星やつらなどをリアルタイムで見ていたような人たちについてが中心で、昭和60年代~平成生まれの今10代後半から20代前半となっている世代については原稿の古さのためか触れられていません。
しかし、それでもオタクはオタク、共通点はやはりあるもので、納得させられる部分が多い。
というのも筆者自身オタクであり、この本が全体的に外部からオタクを観察するのではなく内部から見ている、早い話がこの本は自己分析の塊だという。

思わず納得してしまったのはオタクとマニアもしくはファンの違いについて。
以下に一部を引用しましょう。

〈(前略)その意味では「アニメ好きだからあいつはオタクだ」という世間一般の評価も、完全に的を外している。アニメだけが好きな人間は単なるファン又はマニアでしかない。単独のジャンルだけに興味を持つ、というのはオタク的な価値から大きく外れている。
 同じく、「ファッション・オタク」「釣りオタク」などもあり得ない。特定のジャンルにしか、興味がない人間はオタクにとって「努力・精進」が足りない奴なのだ。いくらビデオのコレクションが凄くても、怪獣映画しか見ない奴なんてオタクじゃないし、アニメしか見ない奴も「単なるファン」でしかない。〉

つまりはそういう事。
と言っても訳が分からないので何がそうなのかと言えば、一部の知り合いと話しているときの違和感が。
その違和感は上の定義に則るとほとんど説明できてしまったのです。
早い話が、俺が違和感を感じていた相手はファンもしくはマニアだったという事であり。

全てを手放しで素晴らしいと絶賛する気はないものの、俺の感覚のうちかなりの部分を言い当てている気がします。
しかし、それは著者と俺のオタク観がたまたま似通っていたという話であって、すべてのオタクの感覚に当てはまるとは限らない点に注意。

しかしまあ、どちらにせよいわゆる一般人の人にはオタクとは何なのかを理解するための助けに、
我こそはオタクであると自負する逸般人諸氏には自分再発見の書として、
一度くらい読んでみても損にはならないかと。

PR

試験終わったー!

ってことで随分ご無沙汰になっていたSTEP A GOGO!を更新。
三ヶ月も開いてしまったので下の三曲を一気に。
・LITTLE MY STAR
・月蝕グランギニョル
・ようこそ!ヒミツの雀バラや!?

また、トップページのタイトル画像が邪魔だ!っていう方のために
隠す機能を作りましたので使ってやってください。

どうもタカヤマキです。
早々と二回目の更新情報をお届け~ということで。

・STEP A GOGO!
No.6、KOTOKOさんの「allegretto~そらときみ~」をアップ。

今回は以上です。
今やっているエロゲーはfengの青空の見える丘とエクスードのふぃぎゅ@メイトの二本。
気の向いたときに気の向いたほうをやっているので同時並行状態です。
どっちが先に終わるかわからないですが、次のレビューはこの二本のどっちかになるでしょう。

それではまた次回。

どうもはじめまして。
STEP A GOGO!とアル晴レタ日ノ事。の管理人のタカヤマキです。
アル晴レタ日ノ事。とこのブログは11月ごろから放置してあったんですが、「年も越したことだし、そろそろ始動しよう」ということになりました。
このブログには一応、二つのHPの更新報告なども書こうとは思っています。
しかし、主な内容はただオタク生活の実際を垂れ流すだけだったりするのでそういうものに嫌悪感を感じる方は読まないことをオススメします。

まあ、今のところはSTEP A GOGO!かアル晴レタ日ノ事。から飛んでくるしかないわけで、そんな心配は不要のような気がしますが。

ということで、最初の更新情報です。
・アル晴レタ日ノ事。
レビュー第一号、戯画の「フォセット~Cafe au Le Ciel Bleu~」をアップしました。

・STEP A GOGO!
まもなくNo.6、KOTOKOさんの「allegretto ~そらときみ~」をアップする予定です。

余談ではありますが、アル晴レタ日ノ事。の名前の由来はほとんどの方が考えている通りアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」OP「冒険でしょでしょ?」の歌詞が由来です。
開設したのは10月末ごろでしたが、HPの製作開始自体は4月だったので。
当時のハルヒへの傾きっぷりがよくわかる由来ですが、面倒くさくて直してません。
何故って既にタイトルとかバナーとか作っちゃってましたし。
・・・というより、今考えるとかなり遅い製作ペースですねwwww

まあ、そんなわけで本格(?)始動したアル晴レタ日ノ事。と麗しきオタク人生、そしてSTEP A GOGO!をよろしくお願いします。

ブログ内検索
バーコード
WCG
Copyright © 麗しきオタク人生。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]